こんにちは愛和住販のKAZです。


夜な夜な映画・ドラマと徘徊している毎日になってきました。


で先日、流し程度に観た映画がこちら・・・




「スイスアーミーマン」!


なんのこっちゃ(謎)ってよくよくサムネイル見ると、大人になったハリーポッター君が青い顔して・・・(笑)。


91DXvdMk2PL._SX300_
出典:Amazon


・・・えーと。


Amazonのあらすじを拝見・・・

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決し、その死体にまたがるとジェットスキーのように発進!様々な便利機能を持つ死体の名前はメニー。苦境の中、死んだような人生を送ってきたハンクに対し、メニーは自分の記憶を失くし、生きる喜びを知らない。「生きること」に欠けた者同士、力を合わせることを約束する。果たして2人は無事に、大切な人がいる故郷に帰ることができるのか──!?


ハリポタことダニエル・ラドクリフ氏には申し訳ないがB級映画臭がプンプンしますね(笑)。


物凄く簡単にあらすじをお話しすると・・・

無人島で孤独に耐え切れず自殺を試みるオタクが、突如流れ着いた多機能付ゾンビ(ハリポタ君)と力と友情を合わせて故郷に帰ろうとする映画です。


ハリポタ君演じるゾンビがスイスアーミーナイフ(十徳ナイフ)的な多機能ぶりを発揮する辺りは、なかなか面白いです。というか少しグロ(笑)


そして「オナラ」に「ゲロ」に「オ〇ニー」等々となかなかの下品っぷり(笑)。


ハリポタ主演ですが小さなお子様とは一緒鑑賞することはおススメしません(汗)。



出会いを通じてお互いに成長して、恋を覚えて・・・なんてロマンス要素が含まれてはいますが、如何せんコメディ要素が強くて、ホロリ(涙)・・・とはなりません(笑)。


ダニエル・ラドクリフのハリポタイメージからのゾンビ役にギャップがあり過ぎて(笑)。



個人的な見どころは、スイスアーミーマンの持つサバイバルに欠かせない機能の数々!


ジェットスキー・ファイアーブラスター・武器・酸素ボンベにウォータージャグ等々や漫画ワンピースで言うところのエターナルポース(永久指針)なんかも搭載されています(笑)。


それとハリポタ君の生尻(汗)。


あんなに可愛かったハリポタ君の尻毛を拝見した時は、なんだか切なくなりましたね(涙)。



物凄く暇な時に是非ご鑑賞下さい!


↓↓↓Amazonプライム加入はこちらから↓↓↓
Amazonプライム



ではでは