閲覧ありがとうございます。愛和住販のKAZです。


コロナウィルスによる「緊急事態措置等」もほぼ解除となり、越県のお出かけ行為(釣り)もOKとなったので、堂々と「加賀FA釣行ブログ」を公開出来るわけですが……


ジジィの手習いと言うか、新たな趣味が残り少ない人生に加わりましたので今後は「エリアトラウト」と新趣味「キャンプ」の2本を主軸に当ブログをお送りいたしやす。



で、今回は新たなる遊び「キャンプ」の初体験をお伝えしていこうかと思いやす。



camp_hifukibou_man



初キャンプの場所となったのは埼玉県嵐山町にある「月川荘」キャンプ場


自宅からも車で30分程度と近く、料金も駐車代込みで2000円以下と超リーズナブルなキャンプ場でございます。

↓↓↓「月川荘」キャンプ場の公式サイトはコチラ↓↓↓



なにが良いって、虫とか湿気とか輩とか(笑)……嫌なことがあったら即撤収&帰宅が出来ますからね…自宅から近い遊び場って最高ですね!


今回はソロキャンプスタイル×3……3人で行って各自勝手に好きなことを行う感じです。ソログルキャンプ?


当日は現着すると雨……林間オートサイトの森の中で遊びたかったが、なんだか地面がドロドロ&グチャグチャなので早々に諦め、場内で一番足元が良い第二駐車場サイトへ…


雨が止んだ束の間で狙ってサッと「大人基地」の設営を始めます。


テントやタープを設営したのは、もう何年振りでございましょうか…思い出せません(汗)。


しかしながら設営開始の時点で、もう楽しくてしょうがありません。


20200623_014113669_iOS


元々、所持していた道具(テント・チェア・BOX類)の色に合わせて、新たにタープやポール、ロープを選んだ末路……


なんだか赤が基調のSM風スタイルに…(汗)。


まあ良しとします(笑)。


設営が終わると又、シトシトと雨が落ちてきます。


撤収時の片付けを考えると少し憂鬱になります(汗)。


20200623_031756905_iOS

設営を終え、とりあえず一服。


バリスタであろう息子氏に教わった、マキネッティでエスプレッソコーヒーを点ててからの~牛乳注入……


美味しいアイスカフェラテの出来上がりです!


この直前にコーヒーミルを使って豆を挽きましたが地味に面倒だったりするが、他にやる事もないからまあいいか。


アイスカフェラテを飲み干した後、寝床を作ったり小物を出したりとしますが、いかんせん降り続く雨が鬱陶しい。


タープからタラリタラリと落ちる雨雫がドロを跳ね、おろしたての道具たちを汚していく……


雫の落ちる場所に置き石をしてドロ水の跳ねを防止したりする。


20200623_020218579_iOS


お昼を過ぎるも雨は止まず…予報では昼からは雨が上がるはずだったが…。


天気予報とは一体……まゆげ予報士の顔が浮かぶ(笑)。


深紅の縄……もとい、ロープが意外に竹林の緑と相まって良い雰囲気。


風が吹くと薄っすらと黄金色の竹葉が舞い散って良き……竹吹雪と言うものかな。


20200623_043758658_iOS

竹林の緑を眺めていたらヨモギ餅が食べたくなったので、お隣の同行者が作成した竹串にヨモギ餅をぶっ刺し軽く炙ってみる……


ガスバーナーでね(笑)。


今回は暑い・臭い・煙い…と面倒なので焚火はパスでございます。


鑑賞用の焚火はお隣の焚火を観て済まします(笑)。


ちなみに近隣の農産物店で購入したヨモギ餅は突き立てでモチモチの逸品でした。
→後日談…ヨモギ餅ではなく海苔餅だという事に気付く。ガハハ


しかしまあ、お昼はとうに過ぎているのにお腹が減りませんね…。


ずっとただ座ってボケボケとしているから当然でしょうが(笑)。


ゆえに料理する気も中々起きませんね……ふと見るととお隣の同行者はブタメンをススってます……なんかずっと食ってる気が…(笑)。



……つづく



↓↓↓初めてのキャンプ月川荘「後編」はコチラから↓↓↓