こんにちは愛和住販の外遊人KAZです。


ついに!…とうとう!…というか今更感もありますが(汗)、



GETしました……



ハスクバーナーの手斧!(キャンプ用)



20200820_092244021_iOS


苦節3年間…探し求めていた甲斐がありやした(嘘)。


焚火しないキャンプ民なのに(笑)、なぜハスクバーナの手斧が必要かって?
寒くなったら焚き火しますw


そりゃもうカッコえぇからに尽きるでしょ!


漢(オトコ)ってそういう生き物でございます(笑)。



20200820_092338491_iOS


このヒッコリーの木目模様にやんわりとカーブした柄の曲線美……あぁたまらないですね。


20200820_092408582_iOS


手製鍛造されたスウェーデン鋼のヘッドにはフ〇テレビの様なかわいらしいロゴも(笑)。

※ハスクバーナのロゴマークは元銃製造の歴史を表しているようです。銃身と照準がモチーフになっているみたいですね。

ヘッド形状は通常版の手斧38cmと比べると、根本がくびれていて軽量化されていやす。


20200820_092400011_iOS


そして標準仕様の本革シースも文句なしのカッコ良さ!


オプション商品かと思える出来栄えでございます。


20200820_092900065_iOS


ベルトループなのかな……


多分ベルトループ付き!(笑)。良い!


20200820_092852628_iOS


革シースを装着したままでペグ打ちも出来ます。柄も含む総重量も0.78㎏とペグ打ちにもまぁ良い重量でございます。


20200820_092615123_iOS


20200820_092724143_iOS


20200820_092646182_iOS


刃もそこそこ立っているようで、研がなくてもそのまま使えそうです……フェザースティックで使うには研ぎが必要ですな。


20200820_092759138_iOS


20200820_092656545_iOS


お値段は定価6,900円(税抜)とお手頃価格になっています。




尚、ハスクバーナ手斧のラインナップは以下の通り。


↑↑↑これは新製品らしい。

更にお手頃価格なのですが、柄の形状がストレートになっているのと、ハスク特有のオレンジカラーが私的にどうも好みじゃないので却下(笑)。

総重量は「キャンプ用」と比べると微妙に重い0.82㎏になっています。流通数も多く、今のところまともな価格で購入できそうです。





↑↑↑ハスクバーナ通常版の38cm手斧。こちらは相変らず人気商品(汗)。

重量はキャンプ用よりも「ズシッ」と重さを感じる0.98㎏。ペグ打ちまで考えると少し重い気がしやす……まあ巻き割特化ならこっちの方が自重で割りやすいのかな?

ヘッド重量は「キャンプ用」が500g、通常版は600gとなっています。


現在Amazonではお値段高騰中(怖)。定価5,500円ですからね!毛呂山町の「のこぎりや」さんに在庫ありすます。





「ハスクバーナの手斧」!超人気な理由が分かる気がします。ちょっとしたお小遣いで買えちゃうからね!


現在入手困難な状況ではありますが、私は毛呂山町にある「のこぎりや」さんという店でGETしました。ハスクバーナの正規販売店的なお店ですので定期的に入荷する様子です。
 

↓↓↓毛呂山町「のこぎりや」さんの店舗紹介ブログです↓↓↓



ちなみに通常版の手斧38cmの在庫が1本置いてありましたよ!(もうないかもねw)



ではでは